#1 あなたの行動は人に見られている!


あなたは、自宅から一歩足を踏み出すことで、何人のひとと出会っているでしょうか?

朝であれば、ゴミ出しをする人、すれ違う自転車や車を運転する人、コンビニで買い物をする人、バスを待っている人、建物の周りを清掃している人、駐車場で停車する人、横断歩道を歩いている人など様々で、必ず日常の中に他人と遭遇しますよね。

では、人を見かけたあなたは、その時、何を思いましたか?何を感じましたか?何を考えましたか?何に気づきましたか?何か思い出しましたか?

例えば、「自分好みの色合いの服で素敵だわ」「髪がぼさぼさだけど急いでいるのかな」「あの人私の上司に似ていて、面白い人なのかな~」「こんな場所も掃除しているのね!私も見習おう」「危ない!私も今後気をつけなくちゃ」「私だったらブレーキ踏む前にウィンカー表示させて左折するわ」「運転手が気難しい表情をしているわ!私はどうかしら?」などなど。

すべて主観で感じ、予想したり、判断したり、評価をしています。たった2・3秒視界に入った瞬間で、私たちは勝手に思考が働きます。

ビジネスの場面も同様です。あなたは、お客様や社内のスタッフ、関係する方々から一瞬であっても見られています。視界に入っています。その時、あなたはどのような印象を残してきたでしょうか?!

人は、第一印象を人それぞれの主観で評価しています。ぜひ、日頃の自分に無頓着にならず、「今私ってどんな表情していた?」「相手に受け入れられる適切な態度だった?」「適切な言葉遣いだった?」「自分の話ばかりしゃべっていなかった?」など、意識して振り返ってみてください。

きっと、あなたの一瞬の振る舞いが相手の印象に残り、好感度アップにつながります。日頃から意識の視点を持つことが大切ですね。

ところで、机の前で大きな口を開けてあくびをしているあなた!!
せめて空いた口を手で隠してみてはいかがでしょうか。私からは、よ~く見えていますよ。
でも、これって見方を変えると、目の前にいる私に「心を開いていますよ」っていう証なのでしょうね。

あなたは、これからどのような印象を相手に残したいですか?!

#2 笑顔を効果的に使おう!


人はどんなときに笑顔になりますか?

楽しいとき、嬉しいとき、面白いとき、ホッとしたとき、待ち合わせた人と出会ったときやまたねと別れるとき、相手の話を興味津々で聞いているとき、美味しいものを食べているとき、大好きな人と話をしているとき、動物と触れ合っているとき、意外性をつかれたときなど、まだまだ挙げられますね。

これらの笑顔には、健康・対人関係・ビジネスなどに左右するたくさんのプラス効果があるんですよ。しかし、残念なことに大人になるにつれ、笑顔の回数が減っています。(ちなみに子どもは1日に400回)

(1)
笑顔は、副交感神経が活発に働き、自律神経が整い、体温が上がり、免疫力も高まるという効果があります。また、アンチエイジングの効果の一つとしても注目されており、顔の筋肉を動かすことでしわやたるみの防止や予防にもつながるようです。

(2)
笑顔は、エンドルフィン、ドーパミン、セロトニンなどのホルモンを分泌させるため、やる気、集中力、強い意志力の強化、幸福感・ストレス解消・リラックス・プラス思考といった効果をもたらします。

ミュンテ博士は、笑顔に似た表情をつくると、快の感情、意欲、学習などに関わるドーパミン系の神経活動に変化が生じることを見いだしました。「楽しいから笑顔をつくる」というより、「笑顔をつくるから楽しい」という逆因果が脳にはあることです。意識して笑顔を作ることもポイントですね。

(3)
笑顔は、相手との距離感を縮める手段としても効果的です。相手に安心感を与え、あなたを信頼しているサイン、またその笑顔を通じて相手も信頼をおき、協力関係を築きやすいといいます。私たちは、初めて出逢った人の表情を抜かりなくしっかりと見ていますよ。

(4)
笑顔は、伝染します。相手が笑っていたら自分も楽しくなってきますし、「安心」「共感」「和み」「癒し」を感じ、つられて笑顔になれます。ミラーリングですね。良い雰囲気や人間関係を作り出せる効果があると言えます。職場全体の活気まで作っていきます。


以上のように、笑顔の効果と可能性はさらに広がります。これからも、あなたは笑顔をもっと意識的に、有効なタイミングで積極的に活用していきませんか!
ちなみに、私は車を運転しているときに、口角を上げて微笑む表情づくりを続けています。

#3 失敗したくないコミュニケーション


会話の基本は、まず相手の話を「聞く」ことから始まります。

そんなこと当たり前よ、分かっているわ!と聞こえてきますね~。
でも、あなた自身を含め周りの人たちの聞き方はどうでしょうか?

相手が言いたいことをきちんと聞き取り、的確に応答できていますか?
相手の話を自分の都合のいいように解釈していませんか?
相手の話を勝手に自分の興味のある方へ引き込んでしまう会話をしていませんか?

以下は、仲のいい二人の会話です。チェックしてみましょう。

========================================
▼話し手:Aさん
ちょっと聞いて!昨日ね、○○ショップに行ったんだけど、このあいだ話をしていた噂の商品がすでに品切れだったの~。

▼聞き手:Bさん
え~、それは残念ね。
実は、私の知り合いも昨日別のショップに行ったらしく、噂の商品を何とか入手ができたんだって。すっごく使いやすいって言ってたわ。でね・・・・・・

▼Aさん
その商品が買えた友達は、ラッキーだね。
========================================

いかがですか?会話の仕方を勘違いしていることに気づけましたか?
話し手は、噂の商品が買えなかった話をしたかったのに、聞き手が話題を横取りしてしまいましたよね。

これ、よくあるやってはいけない会話なんです。
Aさんが一番話題にしたかったこと、聞いてほしかったことをきちんとキャッチし、Aさんの気持ちに反応してあげることがとても重要です。この反応を間違うと、会話は成り立っているようにみえて、実はAさんはまったく面白くありません。Bさんへの印象も悪くなってしまいます。

この会話の場合、Bさんは「あら~、それはとても残念ね。」と反応してあげること。そうすれば、Aさんは「もっと話したい」「この残念な思いをもっと聞いてもらいたい」と気持ち良く会話ができたことでしょう。

場の空気を読むことはコミュニケーションの秘訣。これで、AさんとBさんの信頼関係はさらに深まっていきますね!

#4 夢を叶えるために今がある!


【目的】とは、成し遂げようと目指す事柄(やりがい、何のために)
【目標】とは、目的を達成するために設けた目当て(目標は目的に向けての目印)

例えば、「日商簿記2級の資格をとりたい」「Excel1級の資格を取りたい」は目標であり、「事務のスペシャリストになる!」という目的のため、です。

目的を意識することはとても大切です。
人は、目的を達成するために目標を定め、それに向かって行動します。目標は、目的を実現するために設定されるものです。

「○○に就職したい!」は目標であり、何のために?どんなやりがい?どんな人生にしたい?といったあなた自身の目的が必ずあるはずです。目的を実現するために、就職するという目標は1つの通過点であり、その他にもいくつかの通過点(目標)があると思います。それが何かを考えリストアップする時間を、今、ぜひ設けてください。


【ゴール】とは、目的のための最終的な目印
ゴールまでの途中の目安や通過点としておくのが目標です。具体的で確実な一つの行動を、目標という指標を立てながら続けることが大切です。

【夢】とは、将来実現させたいと心の中に思い描いている願望(夢は目標ではない)です。
夢は、誰かと比較して優劣を決めるものではなく、その人が、今この瞬間から先の未来を思って、心から叶えたいと願うこと・実現したいと思うことです。

ゴールを手にするために、具体的な目印や通過点といった目標を設定します。ゴールを設定して、その道のりに目標を置いて行動することで、結果以上に、その道のりで得られる恩恵があり、あなたにとってとても大切な価値となります。

ゴールを目指すことで、どんな人間に成長したいか!
その道のりで、どんな悔しさや嬉しさといった喜怒哀楽の感情を味わうか!
どんなスキルが身につくか!どんな仲間に出会えるか!
知識が増え、選択力と決断力が磨かれます。
自分の可能性を広げられます。
その人の今後の歩む人生の糧になります。

その人が日頃、何に関心を持っているか。
いつも夢や目的やゴールを思い描き意識している人は、それらに関する情報をキャッチできる確率が高くなります。そして、入ってくる情報の質と量も変わることでしょう。

#5 社会性と知識とスキルを磨く


みなさん、ハロートレーニングをご存知ですか?
ハロートレーニングは、仕事を探している方を対象に、再就職の実現にあたって仕事で求められる職業スキルや知識などを習得することができる公的制度であり、公的職業訓練です。(公共職業訓練・求職者支援訓練)

専門知識や実践的な技能を身につけて就職したい人向け、早期の就職を目指します。

例えば、
久しぶりに仕事に復帰したいと考えている方。
新しい仕事に就く前に新たなスキルを身につけて質の高い仕事の仕方を目指したい方。
パソコンを使った仕事経験がなく、ワードやエクセルなどの資格を取得することで、希望職種に自信を持って応募したい方。

近い将来「こうありたい」という自分の願望(夢と目的)を叶えるために、ぶつかる壁もあると思います。今何をすべきか、今自分が悩んでいるものが何であるのか、どんな選択肢があるのか、一人で考えているとモヤモヤした気持ちがなかなか晴れないこともあります。

歩む人生の中で、迷いはつきものです。個人が抱えている悩みや迷いはさまざまです。このようなとき、キャリアコンサルティングを受けることができます。自分の言葉でキャリアコンサルタントと話をすることで、抱えていたモヤモヤがもつれた糸をほぐすように整理ができます。どんな選択肢があるか、何が解決すれば前に進めるのか、などなど整理したことから、何を選ぶかはあなた自身です。私たちキャリアコンサルタントは、そのサポートをさせていただいています。

私はMicrosoft Office(ワード、エクセル、パワーポイント)やビジネスマナー、ホームページ作成のインストラクターとして、日々お一人お一人と向き合っています。
人生の貴重な時間を職業訓練にあてて、自分自身と向き合うことができるのもよい機会だと思います。私は、その貴重な時間に関わり、楽しく学び、時には厳しく、受講者が新たな活躍の場へ進むためのサポートをさせていただいています。

あなたもハロートレーニングの受講を検討してみてはいかがでしょうか?

一覧へ