会社探検

「トヨタレンタリース鳥取」を探検!

トヨタレンタリース鳥取は、レンタカーを取り扱っている会社で、鳥取県で5店舗(県西部では3店舗)を展開しています。車両の保有台数は地域ナンバーワンで、外国人を含めた観光客や、ビジネス、代車などの需要が増え続けています。

レンタカーのトップブランドを今後も維持していくためには、お客様への対応・サービスを高め続けていく必要があります。そこで重要なのは、やはり「人」です。

トヨタレンタリース鳥取が、はたらく人をどのように考え、環境を整えているのか。また、お客様に対してどのような思いを持っているのか、レンタル部の門脇さんに話を伺いました。
お店について
鳥取県西部には何店舗ありますか?
米子店(東福原)、米子駅前店、米子鬼太郎空港店(以下空港店)の3店です。
利用されるのはどのようなお客様ですか?
店舗によって違いますね。米子駅前店、空港店はビジネス・観光のお客様が中心で、空港店では外国人観光客の利用も多くなりました。米子店では(車検・事故などの)代車の利用が多いですね。
他社と比べた違いはありますか?
車両の保有台数が地域ナンバーワンですし、車種もバラエティーに富んでいます。店舗網も全国にあり、トヨタのディーラーと連携して車両整備も行き届いていますから、安心してご利用いただけます。
従業員の方の人員構成・職種を教えてください
構成としては6割ぐらいが女性です。職種は女性の場合、レンタカーの受付事務対応が多く、派生業務として配車(取引先に車を届ける)、回送(店舗間の車の移動)、再商品化(利用後の清掃・洗車・状態の確認)などがあります。業務の比率は店舗によって違います。男性はそれらの業務のほかに保守点検などの業務を主に行っています。
年齢層はどのような構成になっていますか?
受付事務業務ですと、年齢層は20代~50代で、中心は20代後半から30代半ばです。女性が多いですが、男性もいますし性別・年齢に関係なくはたらいています。
はたらく環境について
車を扱うしごとですが、「車の運転が苦手」だという人も大丈夫でしょうか?
(笑)大丈夫です。そういう方は多いですが、まず軽自動車やコンパクトカーの運転から始めますから安心してください。運転が苦手な女性でも、数年でトラックを運転できるようになりますよ(笑)。
契約社員から正社員になることは可能ですか?
可能です。年1回正社員雇用の試験があり、適正・能力・実績などを判断して、それに合格すれば正社員になれます。この制度で正社員になっている方は多いですよ。
土日もしごとがありますよね
あります。これは業務上やむを得ないのですが、たとえば子育て中の女性などには配慮したシフトを組むなど、できる限りの対応をしています。また、社内規定を作って、希望があれば子供さんが3歳になるまで時間短縮で就業できる環境も整えています。子供の病気などで休みを取りづらい環境ではないですね。
はたらく環境を考えている会社なんですね
会社に環境を整える姿勢がありますね。たとえば独身で入社した女性が、結婚・出産で退職したという例は、ほとんどなくなりましたから。女性が多い職場ですが、ほんとうに和気あいあいとしごとをやっています。もちろん男性も(笑)。
店舗間の異動はありますか?
あります。もちろん本人の希望も考慮には入れますが、会社としては人員構成も考える必要がありますから、臨機応変に対応しています。また、繁忙時期や時間帯が店舗ごとに異なりますから、他店舗へ応援に行くこともあります。
わくナビが見た「トヨタレンタリース鳥取」
今回の取材で3名の社員の方とお話をしました。最初に「このしごとは楽しいですか?」とたずねると、全員が即答で「楽しいです!」と、本当に明るい表情を浮かべていたのが印象的でした。

楽しさの理由は、「毎日が違う。変化がある」「お客さまとのコミュニケーションが好き」など様々でしたが、それは、会社がお客様に対してより良いサービスを提供するために、はたらく環境を整えてきた結果であると感じました。

就職を考える時、「はたらきやすさ」を求人情報から読み取ることは難しいですが、取材を通して十分感じることができました。

(取材:わくナビスタッフ・植田)