「株式会社福栄」を探検!

株式会社福栄とは?

「福栄」は境港にある会社で、漁業から始まり、現在は自社の漁船団が水揚げしたイカやカニを加工し販売する企業(第6次産業事業者)として業務展開をしています。また、自社で漁船を保守する部門(鉄工部)を持つなど、漁業・加工・生産・販売・保守をすべて行っています。

通常、自社のサイトアドレスなどは社名に関連したものを付けることが多いですが、「福栄」は「吉丸」という自社が所有している漁船名になっています。そこには「海の恩恵を受けながらしごとをしている」という誇りが感じられます。

「福栄」が漁業から販売までを行うようになった経緯や、そこではたらく方々への思いについて、専務取締役の岩田さんに話を伺いました。

会社について

「福栄」は自社の船で獲ったイカやカニを自社で加工・販売まで行っていますが、そういう会社は境港で他にもあるんですか?
それぞれを専業でやっているところがほとんどですね。食品加工場は平成4年に作りましたが、自分たちで獲ったイカやカニを自社で加工したいという思いがあってやり始めました。
自社で加工・販売まで行うメリットはどこにありますか?
やはり自社所有の船で獲ったものを、自社で加工・販売まで行うというのは、消費者の方にとって、安心・安全を提供することにつながると思います。また、漁船名はすべて『吉丸』で統一していますが、これは私たちの思いのこもったものですから、ブランドとしてこれから育てていこうと思っています。

自社内に、船のメンテナンスをする部門(鉄工部)もあるんですね
船をベストの状態にして、いつでも漁に出られるために設けたものですが、他社船のメンテナンスや加工場の保守なども行っていますから、当社にとって業務を裏で支えている重要な部門です。
いくつもの部門があると運営は大変ではないですか?
大変ですね(笑)。境港でこれだけの部門を抱えている会社はほとんどないと思います。ただ、私たちは漁業部の仲間が命懸けで獲った海の恩恵を、食品部の仲間が自分たちの工場で加工して、直接消費者の方に届けていますから、やりがいがありますよ。

はたらく環境について

会社の部門構成はどのようになっていますか?
各部門はそれぞれ独立していて、漁業部・鉄工部は男性中心です。逆に加工部は女性中心の職場ですね。
人員が不足している部門はありますか?
やはり加工場です。ここでは20名以上はたらいていますが、需要増があり製造が追いつかない状態です。

需要増ということになると、今はたらいている方の負担も増えるんじゃないですか?
いえ、人数に合わせて製造量を調整して、はたらく人の過度の負担にならないように配慮しています。今後人員が増えれば製造量を増やしていきたいですね。
職場の雰囲気はどうですか?
ここ数年、定年退職や新卒の採用などがあり年齢層に幅が出てきました。作業中は、しごとを教えたり教えられたりする中で、良いものを作る、効率的に作業をするという姿勢が生まれていますし、休憩室などでの会話も弾んでいて、良い雰囲気だと思います。
水産品の加工場は臭いがきついイメージがありますが?
臭いにかなり敏感な方は気になるかもしれませんが、加工は青魚ではなくイカが中心ですし、カニも茹でたものではなく冷凍のものなので臭いはあまりしないですね。消毒のための塩素の臭いを感じる方の方が多いみたいです。「プールの臭いがする」とか(笑)。
採用するにあたって「ここを見る」というところはありますか?
やはり一番はやる気ですね。それと、みんなで協力して良いものを作るためには、協調性も重要だと思います。そういう姿勢があれば、多少不器用な方でもやっていける職場だと思います。

わくナビが見た「株式会社福栄」

「自分たちの漁船が命懸けで獲ってきた海の恵みを加工して販売する」

私はそこにロマンを感じますが、「福栄」で実際にはたらいている方々は日々そういうことを感じているわけではないかもしれません。でも、やはりこれは「福栄」にしかない「はたらく意味(やりがい)」だと思います。

また、加工場ではたらくことをイメージする時、「臭いがキツそう」「立ち仕事で大変そう」ということを思い浮かべる方が多いと思います。

これについては、実際に作業に携わっている方に取材を行い、工場も見学しましたが、作業に変化がありますし、臭いもそれほど感じることはありませんでした。

もちろんこれには個人差がありますが、イメージにとらわれることなく、まず自分の目で(鼻で)確かめてみることをおすすめします。

(取材:わくナビスタッフ・植田)

会社情報

会社概要

企業名 株式会社福栄
代表者 代表取締役社長 岩田 慎介
創業 昭和44年
所在地 〒684-0034 鳥取県境港市昭和町5番地6
電話番号 0859-44-3555
従業員数 就業場所34名(男性12名・女性22名)(平成30年2月現在)
事業内容 水産加工業、ディーゼルエンジンの販売・保守・整備等、いか釣り漁業、かにかご漁業、太陽光発電事業
ホームページ http://www.minato-yoshimaru.jp/

●アンケートにご協力ください

この会社に興味が

  • ある
  • ない