会社探検

「クローバー保育園」を探検!

クローバー保育園(株式会社クローバーホールディングス)とは?

クローバー保育園は、飲食店の運営を行っていた株式会社クローバーホールディングスが、平成28年4月から運営を開始した保育園で、現在では米子市の他に鳥取市、東京へも積極的に保育園を展開しつつあります。

待機児童の多さは社会問題のひとつですが、それを解消するためには、保育園を増やすことはもちろん、そこではたらく人たちの環境を整えて保育士を増やしていく必要があります。これはそう簡単なことではありません。

クローバー保育園が、なぜ保育園を増やしていこうとしているのか、また、はたらく人たちのためにどのような環境を整えているのか。代表取締役の山城さんと保育事業部部長の渡辺さんにお話を伺いました。
保育園について
保育園を始めるきっかけは何だったのですか?
当社の会長に子供が生まれて、自分の子供を預けたくなる保育園を作りたいと思ったのがきっかけです。その時に同じ思いを持つ保育士渡辺と出会い、私たちの理想とする『子供を中心とした、子供のための保育園』作りが始まりました。
現在運営している保育園の数はどのくらいありますか?
現在11園(米子8、鳥取2、東京1)です。
なぜそんなに保育園を増やしていくのですか?
待機児童の多さは社会問題ですから、それを解消していきたいという思いがあります。ただ、そのためには、保育士のはたらく環境を改善していくことと、親が子供を安心して預けることができる保育環境を整えていく必要があります。私たちはその二つの環境をより良いものにしながら、職員が自分の子どもを預けたいと思える保育園・家族の方が預けてよかったと思える保育園を作りたい。ですから、園を増やすことが目的ではありません。
はたらく環境について
環境を改善する取り組みとは、具体的にどういうものですか?
たとえば、保育士が残業する理由の多くは事務作業です。通常、事務作業は保育の時間外の残業として行うことが多かったのですが、当園では就業時間内に事務時間を組み込んでいますので残業はありません。また、有給も自由に取れますし、病気などの欠員にも十分対応できる体制を整えるために人員を手厚く配置しています。
はたらく人を増やすと経営面での負担になりませんか?
当園では、国の規定の人員配置に加えて、子育て支援員やパートなど、人員をかなり厚くしていますから、経営面ではかなりの負担になりますね(笑)。でも、はたらく人たちの環境を整えることは、園児にきちんと対応していくためにも行っていることですし、それが安心して子供を預ける環境を整えることにつながると思っています。
園が増えていくメリットというのはありますか?
これはかなりありますね。グループ園との交流が生まれると、いろいろな子供の姿を見ることになりますから、保育士にとって保育の引き出しが増えて、園児により適切な対応ができるようになります。また、具体的な計画を立ててグループ園内研修を実施したり、運営面では他の園の良いやり方を実践することで、全体の運営の質が上がっていくという好循環が生まれています。
保育士は全国的に不足していると言われていますが、採用の苦労はありますか?
採用は基本的に保育環境をより良くするために行っています。今は、当園ではたらいている人の紹介とか、口コミで応募される方が増えていますから、いい流れになってきています。それと、今後は東京を中心に首都圏にも園を展開していく予定ですが、『東京ではたらきたい!』という方もいて、何名かは新しい環境ではたらくことになりますね。
はたらく環境とたくさんの舞台が用意されているということですか。
そうです。環境はより良く、舞台はより多く整えていきたいですね。
わくナビが見た「クローバー保育園」
「はたらく環境を整えている」というのは、多くの経営者や採用担当者の方が口にする言葉ですが、クローバー保育園はかなり具体的に環境改善に取り組んでいると感じました。

それができるのは、園を運営しているクローバーホールディングスが他業界から進出しているため、業界の慣習・常識にとらわれずにゼロからはたらく環境を作りあげているからだと思います。

「まず、はたらく環境を整える。そこに人が集まる。最後に理想とする保育園ができる」

そういう構想のもとに事業を展開していることがよくわかりました。

(取材:わくナビスタッフ・植田)